計画班員

A01-1

ミトコンドリア、ゴルジ体に関連する応答ゾーン、連携ゾーン解析
研究分担者
吉田秀郎
兵庫県立大学大学院 生命理学研究科 生体物質化学Ⅱ講座

研究概要

ゴルジ体の機能が不足する状態(ゴルジ体ストレス状態)になると、細胞はゴルジ体ストレス応答機構を活性化することによってゴルジ体の機能を増強しようとする。私は、ゴルジ体ストレスを感知してそのシグナルを核へ伝達するゴルジ体ストレス応答ゾーンを研究している。ゴルジ体の機能は複数存在することから、ゴルジ体ストレス応答ゾーンもそれぞれの機能に対応して複数存在すると考えられる。具体的には、(1) N型糖鎖修飾やゴルジ体の構造形成・小胞輸送機能を増強するTFE3ゾーン、(2) プロテオグリカン型糖鎖修飾機能を増強するプロテオグリカン・ゾーン、(3) ムチン型糖鎖修飾機能を増強するムチン・ゾーン、(4) スフィンゴ糖脂質型糖鎖修飾機能を増強するスフィンゴ糖脂質ゾーンについて解析を進めている。

代表的な原著論文

  1. Oku, M., Tanakura, S., Uemura, A., Sohda, M., Misumi, Y., Taniguchi, M., Wakabayashi, S., and Yoshida, H. (2011) Novel cis-acting element GASE regulates transcriptional induction by the Golgi stress response. Cell Struct Funct 36, 1-12
  2. Taniguchi, M., Nadanaka, S., Tanakura, S., Sawaguchi, S., Midori, S., Kawai, Y., Yamaguchi, S., Shimada, Y., Nakamura, Y., Matsumura, Y., Fujita, N., Araki, N., Yamamoto, M., Oku, M., Wakabayashi, S., Kitagawa, H., and Yoshida, H. (2015) TFE3 Is a bHLH-ZIP-type Transcription Factor that Regulates the Mammalian Golgi Stress Response. Cell Struct Funct 40, 13-30
  3. Taniguchi, M., Sasaki-Osugi, K., Oku, M., Sawaguchi, S., Tanakura, S., Kawai, Y., Wakabayashi, S., and Yoshida, H. (2016) MLX Is a Transcriptional Repressor of the Mammalian Golgi Stress Response. Cell Struct Funct 41, 93-10

総説

  1. Sasaki, K., and Yoshida, H. (2015) Organelle autoregulation-stress responses in the ER, Golgi, mitochondria and lysosome. Journal of biochemistry 157, 185-195