計画班員

A02-1

小胞体品質管理に関わる選別輸送ゾーンの解明
研究分担者
名黒功
東京大学大学院 薬学系研究科 細胞情報学教室

研究概要

個々の細胞は様々なストレスに対する応答機構を備えることで個体レベルのストレス応答を可能にしている。我々は特定の細胞応答に関与するシグナル伝達経路を網羅的に探索する方法として、約18,000遺伝子が個々のウェルに配置されたarrayed formatのゲノムワイドsiRNAライブラリーを用いたノックダウンスクリーニング系を構築してきた。検出系としては、ハイコンテントイメージアナライザーを利用して、空間情報を保持した画像データをハイスループットに数値化する方法(図)を活用しており、オルガネラゾーンの研究においても、オルガネラの形成・変化を担うシグナル伝達経路の探索のために、我々のゲノムワイドsiRNAスクリーニング技術で貢献したい。

代表的な原著論文

  1. Hattori, K., Naguro, I., Okabe, K., Funatsu, T., Furutani, S., Takeda, K., and Ichijo, H. (2016) ASK1 signalling regulates brown and beige adipocyte function. Nat. Commun., 7, 11158
  2. Maruyama, J., Kobayashi, Y., Umeda, T., Vandewalle, A., Ichijo, H., and Naguro, I. (2016) Osmotic stress induces the phosphorylation of WNK4 Ser575 via the p38MAPK-MK pathway. Sci. Rep., 6, 18710
  3. Maruyama, T., Arakai, T., Kawarazaki, Y., Naguro, I., Heynen, S., Aza-Blanc, P., Ronai, Z., Matsuzawa, A., and Ichijo, H. (2014) Roquin-2 promotes ubiquitin-mediated degradation of ASK1 to regulate stress responses. Sci. Signal., 7, ra8
  4. Naguro, I., Umeda, T., Kobayashi, Y., Maruyama, J., Hattori, K., Shimizu, Y., Kataoka, K., Kim-Mitsuyama, S., Uchida, S., Vandewalle, A., Noguchi, T., Nishitoh, H., Matsuzawa, A., Takeda, K., and Ichijo, H. (2012) ASK3 responds to osmotic stress and regulates blood pressure by suppressing WNK1-SPAK/OSR1 signaling in the kidney. Nat. Commun., 3, 1285

 

総説

  1. 名黒 功(2017)両方向性の浸透圧ストレス応答を統御するASK3の研究. 生化学, 89(2), 230-240
  2. 名黒 功(2015)哺乳類細胞におけるシグナリングを対象としたゲノムワイドsiRNAスクリーニング. 実験医学増刊「知る・見る・活かす!シグナリング研究2015」一條秀憲、南泰宏 編,羊土社,33(10), 1667-1673
  3. 渡邊謙吾、名黒 、一條秀憲(2014)ハイコンテントゲノムワイドsiRNAスクリーニングによるシグナル伝達研究への応用. 実験医学, 32(9), 1405-1410
  4. Zhou, X., Naguro, I., Ichijo, H., and Watanabe, K. (2016) Mitogen-activated protein kinases as key players in osmotic stress signaling. Biochim. Biophys. Acta., 1860, 2037-2052